トップ スペインバスク旅行 フレンチバスク旅行 ナポリ旅行 スイーツ・料理研修 国内・海外団体旅行 添乗員ブログ 会社案内・アクセス

ブログ

グアム4日間添乗

2017年12月9日

グアム4日間 の添乗へいってきました。

今回は関西空港発、ユナイテッド航空を利用してきました。

グアムに入国するにはESTAが必要になります。

現地で取得する場合は、入国時に大幅に時間がかかる為、

事前に取得する事をお勧めします。

 

~~今回グアムで行った中でお薦めのお店を何点かご紹介します~~

 

サンドキャッスル

サンドキャッスルはラスベガススタイルのマジック&イリュージョンショーで、シルク・ド・ソレイユのクリエイターが手掛けたワールドクラスのパフォーマンスが特徴になっています。

場所はタモンの街なか、ハイアットリージェンシーグアムとデュシタニグアムリゾートの間にあります。プランはディナー

プランはディナー付きのショー鑑賞と、ショーのみ鑑賞の2タイプに分かれます。

又、ホテル送迎の有無も選ぶ事も可能です。

座席もソファー席もあり、寛いで鑑賞する事が出来ます。

ショーの内容はクオリティーも高く、ショーを集中して見たい方は、

ショーのみ鑑賞がお勧めです。

 

トニーローマ

グアムで人気のスペアリブが美味しいお店です。

今回は敢えてハンバーガーを注文。

注文したのはビストロバーガー

かぶりついた瞬間に肉汁がたっぷりでたまりませんでした。

混み合うとの情報があり今回は早い時間に行き、空いてる時間を狙いました。

ディナーは特に混むみたいなので、予約は必須です。

 

ニッコーホテル 桃李

グアムで1番夜景な綺麗なニッコーグアムにあるレストランへいきました、今回は昼食で行きましたが、お店に入ってまず驚いたのが、一面海のオーシャンフロントの景色、グアムで1番と言われても頷ける絶景でした。

グアムに居ながら本格中華が味わえます。

ランチ・ディナー共にブュッフェ、コースが選べます、又、18:00~はバーもやっています。

グアムの夜景を見ながらディナーに是非ご利用下さい。

 

 

グアムは非常に日本人向きです、英語が苦手な方でも、どのお店も日本語スタッフがいるので、安心して過ごせます。

日本から約3時間半で行けて、3泊4日でも十分満喫できるので、長期休暇が無理な方でもお勧めです。

インスタ映えする景色も豊富で、若者にも家族楽しめる、南国リゾートグアムへ是非行ってみてください。

 

 

 

 

 

1泊2日 釜山の旅

2017年4月8日

今回の旅は韓国、1泊2日の釜山です!

1泊2日で海外旅行・・・何が出来るのか?

っと思いつつ・・・関西空港より出発です。

関西空港から釜山に行く飛行機は毎日いろいろな航空会社が運航しております。

今回、選んだ航空会社は「ジンエアー」です。

LCC(ローコストキャリア)です。

初めて乗るLCCどんな飛行機だろう?

思ったほど席幅は狭くなく、満足です。

でも・・・前の席との幅が、狭いかな。。。

ってのが感想です。

なにより安いし時間も良いので1泊2日の旅にはピッタリです!

 

~~~釜山到着~~~

釜山はソウルに続く2番目の大きな街になります。

ここ数年の発展がすごく中心部に行けば高層ビルどんどん建設されて綺麗な街になってます。

ソウルとはまた違た雰囲気なのでおススメです。

 

釜山に到着してまず最初に向かったのが「チャガルチ市場」です。

釜山は港町なので海産物が豊富でその中心となるのがチャガルチ市場です。

チャガルチにはたくさんの海産物店が並んでおり、観光客はもちろん地元の方もたくさん買い物やお食事集まってます。

店の前に新鮮な魚を置いて、奥でその魚を調理して食べる感じです。

釜山は魚も肉も美味しいのです。

 

そして次に向かったのが釜山タワーです。

釜山タワーは現在リニューアル工事中の為、入ることは出来ませんが、釜山タワーが建ってる場所が少し高台にあるので

そこから釜山の街並みを見下ろすことが出来ます。

タワーの前には桜も咲いており綺麗でした。

 

その後、釜山中心部から海雲台(ヘウンデ)へ ※地下鉄で移動しました(約40分)

海雲台は釜山のリゾート地区になります。

夏は海水浴も出来るビーチもありカジノもあります。

釜山国際映画祭の会場のある場所としても有名です。

海雲台は観光特区に指定されており飲食店等は24時間営業をすることが出来るのでずっと賑やかな街です。

 

ではそろそろ、今回の旅行で食べて食事をご紹介します。

まずは・・・お肉

お店の名前は「海雲台ソムンナンアムソカルビチッ」

海雲台にある1964年創業の老舗焼肉店です。

1日目の夜に行ったのですが、すごい行列で約1時間ぐらい待ちました。

日本語も通じるので安心して行ける美味しいお店です。

 

そしてタコ鍋です。

お店の名前は「ケミチッ」です。

このお店も夜はすごい行列で沢山の人が整理券をもらって待ってるお店です。

私たちは朝一番に行って食べてきました。

最初は白い鍋が・・・煮込めば赤くなり・・・それをご飯にかけて食べる。

見た目ほど辛くなく、美味しいです。

ちなみにこのお店の本店は釜山の国際市場にあります。

 

さらに鮑です。

鮑粥と焼鮑です。

港町釜山ならではの料理です。

この量の鮑は日本ではなかなか食べれないので釜山に行ったら是非、食べて下さい。

 

釜山のおススメポイントは食です。

見ていただいたらわかると思いますが、海の幸、韓国らしい焼肉、間違いなく満足出来ます!!

 

もちろん観光地もありますよ!

海東龍宮寺と甘川文化村に行ってきました。

 

韓国と言えば、「ソウル」ってイメージがありますが個人的には「釜山」が一番おススメです。

美味しいものに特化した旅行会社チームトラベルクラモトのおススメ!

韓国で海の幸はいかがですか?

ソウルには何度も行って韓国もう飽きたって方も!

飛行機で約80分で行けますよ。

 

ここで結論、1泊2日でも釜山ありです!!

 

【お食事会】和味処 桜川~和食~

2016年11月7日

10月上旬、恒例の美味しい食事会が開催されました。

和食 割烹の「和味処 桜川」さんです。

 

お店の外観

%e5%a4%96%e8%a6%b3

看板・建具から内装の細部に至るまで木で設えられており、

情緒ある空間の中でお任せコースを頂きます。

 

絶品料理の前にチラリとご紹介させてください、ワクワクして

料理を待っているチームトラベルクラモトのメンバーです。

%e5%ba%97%e5%86%85%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

わくわくしながら、何が出てくるのかあれこれ想像したり、

おしゃべりに花が咲きます。

カウンターで頂くので、迅速なサービスと大将の軽快なトークを

一斉に共有できます。

 

さて、はじめは何が出てくるのかワクワクしてきます。

%e3%81%af%e3%81%97

 

~八寸~

%e5%85%ab%e5%af%b8

◇かき釜(貝と丹波 黒枝豆の白和え)

◇子持ち鮎

◇ゆり根の梅肉和え

◇生いくら

柿の中に黒枝豆と貝の触感の違いをじっくり噛んで味わい、

柿色と黄緑から緑色のバリエーションによって、秋の訪れを食材で

知る喜び!

ゆり根のほろほろに梅肉が合うんですね。

 

~お造り~

%e3%81%8a%e9%80%a0%e3%82%8a

◇本マグロ 北海道産

◇メイチダイ 九州産

◇イサギ 和歌山産

本マグロは味が濃く、徐々に溶けていきます。

写真手前の真っ白な白身で、知る人ぞ知る魚、メイチダイ。

希少なお味は、噛むほどにもちもちした触感になり、

甘味がある!

右手は天然のイサギ。血合いが美しく、白身の魚にもない味だそうです。

大葉の下には、青ずいきが大根のつま代わりに敷いてありました。

ちなみに芋茎(ずいき)とは、サトイモやハスイモなどの葉柄です。

 

~焼きもの 壱~

%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae

◇牡蠣の自然薯グラタン

牡蠣が丸ごと入っていて、美味しいと食べる私たちに大将からクイズ。

そのグラタンに牡蠣以外の食材は何でしょうか?

じゃがいものような舌触りだが、味が違うしと考えていたら代表クラモトが、

山芋ちゃうかな?と正解!大将もまさか分かるとは~と感心してくださり、

さすが美味しいものを知り尽くした食通です。

牡蠣は北海道釧路の仙鳳趾(せんぽうし)産

年間を通じて水温が低いことから一年中牡蠣が食べられ、殻に対して

身が大粒で、強い甘味と濃厚でコクのある味わいが特徴です。

 

さてさて、次はこれですよと大将が見せてくださったのは、子持ち鮎!

「よかったら写真撮っときや~」と目の前に持ってきてくれる優しい

気遣いに感激しつつ、パシャリ。

%e9%ae%8e

 

~焼きもの 弐~

%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae2

◇子持ち鮎 丸焼き

産卵前で身もぷりぷり、卵もふわっとした火加減になっていて、

もう抜群です!

自家製土佐酢につけても美味しいと勧めてもらい、さっぱりした

味わいになります。

 

~煮物~

%e7%85%ae%e7%89%a9

◇蓮根饅頭 あんかけ

とろとろの餡の中に水菜と菜の花が彩り、蓮根饅頭の美味しいこと!

 

~お寿司~ 4種

一貫ずつ握りたてを置いてくださります。うれしい。

◇鯛

%e9%af%9b

ころこりした触感がたまりません。

 

◇しまあじ

%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%82%e3%81%98

とろけます。脂も上品。

 

◇さば

%e3%81%95%e3%81%b0

しゃりとの一体感が絶品!

 

◇水なす

よく漬かっていて、細切りの生姜が良いアクセントに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

大将から「これでコース終了ですが、まだ足りない人いたらまだ準備

するよ~」と言われましたが、量まで完璧で満足していたので、十分

頂きましたから大丈夫です~と答えてました。

覚えきれないほど大将のキレのあるトークに爆笑して、惜しみなく食材の

ことを丁寧に教えてくださり、なるほど~と勉強になりつつ、美味しい和の

味わいに胸もお腹いっぱい幸せな時間を過ごせました。

 

お店でブログもされているので、旬の食材や今しか食べられない料理などを

確認してから、来店されるとさらにおいしい時間を過ごせるかと思います!

 

 

 

【お食事会】AL SODO~イタリア料理~

2016年8月24日

8月上旬、恒例のおいしい食事会が開催されました(^^)♪

イタリア料理のAL SODOさんです

イタリア料理と言っても地方によって様々

こちらではエミリア・ロマーニャ州のお料理がいただけます

ミラノやフィレンツェにも近いこの地方のお料理の特徴は・・・

濃厚バターと生ハム!!です

 

お店の外観はこんな感じ

IMG_1302

オシャレなメニューボードの中からお勧めの品々を堪能🍴

IMG_1305

まずはバラエティに富んだアンティパストから

 

☆ニョッコフリットと生ハムの盛り合わせ☆

IMG_1307

これはエミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャの郷土料理です

ニョッコとはピザ生地のフリットのことで、生ハムと一緒にいただきます

生ハムの白い部分は背脂ですが、あっさとりしてしつこくなく

程よい塩分が食欲をそそります

 

☆なすのパルミジャーナ☆

いわゆるなすのラザニアです

IMG_1312

 

フォカッチャも一緒に

IMG_1311

 

☆トルタサラータ☆

IMG_1315

生ハムとチーズのキッシュのことですが、キッシュはフランス語で

イタリア語ではトルタサラータと言うそうです

 

☆キャベツのブティーノ☆

キャベツの香草パン粉オーブン焼き

IMG_1317

次から次へと美味しいアンティパストが登場、そしてどれも美味( *´艸`)

口に入れた時の風味や食感を脳に焼き付けながらどんどん行きます!!

 

☆アスパラミラネーゼ☆

IMG_1320

アスパラのしゃきしゃきした食感が爽やかな一品

さすが生ハムが名物とだけあって、本日3度目の生ハムさん♡

エミリア・ロマーニャ州は湿度が高く、そこに発生する霧が生ハムに

芳醇な香りや甘みをもたらすそうです

 

☆タコのマリネ☆

北海道産のタコがプリプリの歯ごたえ

オリーブの塩分がアクセントになっています

IMG_1322

う~ん、どれも素晴らしい品々(^O^)

ここまでがアンティパスト、そしていよいよパスタになります

その前に本日のワインは、Barone di Bernaj (シチリア産赤ワイン)と

Trebbiano Rubicone (エミリア・ロマーニャ産白ワイン)でした!

 

さて、AL SODOさんのパスタは全て手打ちでとても優しい舌触りが特徴

☆ラザニア☆

お店のイチオシだそうです

IMG_1326

 

☆イイダコとオリーブバジルのパスタコルタ☆

IMG_1330

イイダコは半日以上炊いているとのことで柔らか

パスタはピサレという耳たぶ型のパスタでモチモチした弾力と歯ごたえがあります

 

☆国産レモンのクリームソースフェトチーネ☆

IMG_1332

これはスタッフに好評でした!!

クリームソースにレモンの酸味が斬新で爽快

これだけの品数をいただいていても胃に負担のない一品です

 

パスタ3皿を平らげ、まだまだ食べるチームトラベルクラモト一同です(笑)

メインは・・・

☆スカロッピーネ☆

IMG_1334

これがまた絶品!(^^)!

じゃがいものペーストの上に豚肉のセージバターソースが乗っています

エミリア・ロマーニャの料理の特徴であるバターが濃厚で豚肉の風味を引き立てます

 

デザートはそれぞれ好みの品々をオーダー

☆クレームカラメッラ☆ (イタリアのプリン)

IMG_1336

 

☆アマレッティのセミブレッド☆ (アマレッティ=ビスケット)

IMG_1335

 

☆パンナコッタ☆

IMG_1337

 

☆バニラジェラート☆

IMG_1338

 

スタッフ一同、幸せなひとときを過ごしました(*^^*)

駅から少し歩きますが、歩いてでも訪れる価値のある美味しいレストランです

是非訪れてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お食事会】エチョラ~バスク料理~

2016年7月11日

 

美味しいツアーを提供していますチームトラベルクラモトです

先日会社の食事会でご近所のETXOLAさんへ行ってきました。

バスク料理のお店ですが、平日、土日かかわらず店内はいつも混んでいて

人気のお店です。

会社のスタッフもみんなETXOLAさんが大好きです。

 

久しぶりなので、期待が高まります♪

と、その前に

乾杯

乾杯!

 

まずは「お付出しのタパス」、稚鮎のフリットと緑のガスパッチョ。

お付き出しのタパス

緑のガスパッチョには、キュウリ、ピーマン、玉ねぎをにんにくとビネガーで味付。

酸味がきいてさっぱりとした初夏らしいお味。

稚鮎も鮎特有の苦みが初夏のおとづれを感じます。

 

 

つぎに、スペイン産のホワイトアスパラと生ハム。

彩がキレイ。しっとりとしたアスパラは肉厚で食べ応えがあります。

ホワイトアスパラ2

 

と、このタイミングで弊社ののんべえ2人組がワインを注文

ワイン

バルセロナ産のシャルドネ。

しっかりとしたお味の白ワイン。

 

 

つづいて、明石ダコとピルピルソース

タコ2

たこがプリプリ、バジルの風味とまろやかなピルピルソース、

新鮮なオリーブオイルが美味しい。

パンをつけてしっかりソースも最後まで完食!

 

ちなみに、ピルピルソースは日本では聞きなじみのないソースですが、

バスク地方ではよく使われるソース。

タラのゼラチンとオリーブオイルを乳化させたものなんですが、

作っているところを見ても、オリーブオイルが熱されたフライパンにでタラを煮詰めているといきなり白くなってくるので

何度見てもなんで??となります。

不思議なソースです。

 

 

そして、待ってました!オマールエビごはん。

オマールエビごはん2

ETXOLAさんのリゾットは、アサリやきのこ等何度か頂きましたが、いつもとっても美味しくて

記憶に残ります。

たまに思い出して、食べたい!っとなるのですが、

今日はオマールエビ。メニューを見た時から気になっていましたが、

海老の味がよく染み込んだ濃厚なお味。

一同、非常に美味しく頂きました♪

 

また、その器にも興味深々。このピンクの器は有田焼だそうです。

 

お次は、、ハモのサルサヴェルデ。

ハモ2

アサリに白ワイン、パセリのソースですが、

ぷりぷりとしたアサリの風味が豊かで、和のテイストを感じます。

 

 

ついにメイン。島根産黒毛和牛 外ヒラの炭火焼

牛

外ヒラとは、モモ肉の一部だそうです。

外は炭火特有のいい感じの風味があり、

中は柔らかく、噛めば噛むほど味が出る味わい深いお肉さまでした。

すでにお腹はいっぱいでしたが、

これは絶対に食べなきゃ一生後悔すると思い何とか完食!

 

 

最後にデザートとして、ゴシュアとイチジクのコンポート。

デザート2

ゴシュアとは、カスタードとラム酒を染み込ませたスポンジを重ねたケーキだそう。

バスク地方らしい、濃厚なお味のケーキなのでイチジクのコンポートと一緒に食べると美味しく頂けます。

お茶

最後に紅茶を頂きましたが、さすがにお茶菓子には手が出せず、

後ろ髪を引かれながら退散しました。笑

 

 

最後にお見せの前でパシャリ。

いつも気さくに料理のこと、バスクのこと、教えてくださる

ETXOLAのオーナー平山さん。

シェフ

イケメンですね♪

このさわやかな笑顔のとりこになるマダムも多いそう。

納得です♡

 

いつも美味しい食事と素敵な空間を、ありがとうございます。

 

以上、チームトラベルクラモトお勧め、大好きなバスク料理、

ETXOLAさんでした(^^)/

 

チームトラベルクラモトは、海外旅行・社員旅行に強い大阪の旅行会社です。
【国内旅行】賢島・伊勢 2DAYSをはじめとするオリジナルプランで、 あなたのご希望にピッタリの旅をご提案いたします。
社員旅行・団体旅行の企画はお任せ!ぜひお気軽にご相談ください。

ページトップへ