トップ 美食ツアー一覧 美食の街バスク スイーツ・料理研修 国内・海外団体旅行 添乗員ブログ 会社案内・アクセス

ブログ

【お食事会】Sfida~イタリア料理~

2016年1月21日

sfida-outside1

Sfida

素敵な外観のイタリアンレストラン。

昨年末(12/26)の食事会はこちらで行われました。

このお店、ガラス張りで店内が外から丸見えなのですw(゚o゚)w

スタッフ一同いつもより少しオシャレして出かけました。

sfida-outside2

この日は予約で満席です。

店内中央の座り心地の良い椅子に腰をかけ、ゆったりとコースをいただきました。

まずはPiccolo Assaggio

「フォアグラムース 貴腐ワインのジュレ」

sfida-piccolo assaggio

ひとつまみでいただける上品な一皿。フォアグラ独特の臭みがなく、食事のスタートとしてピッタリでした。

そして料理に負けないインパクトのあるお皿が素敵。

ちなみに貴腐ワインとは、白ワイン用品種のブドウにボトリティス・シネレアという菌(カビ)を感染させ、糖度を高めることでできる甘口のワインです。通常フォアグラと伴に、あるいはデザートワインや食前酒として飲まれるようで、このお料理には最適なソースなのです。

パンはもちろんオリーブオイルで。

sfida-pane

そしてAntipasto(前菜)は冷菜2皿、温菜1皿の計3皿。

前菜好きにはたまらない充実ぶりです。

「ズワイガニとカリフラワー カニミソ煎餅」

お皿がまるで氷のようにも見える美しい盛り付けはまるでアートですね。

sfida-antipasti1

「長崎産 真鯖2種類のカルパッチョ」

鯖を生でいただく、というのは私にとって新鮮でした。

九州北部の方はよく召し上がるのだとか。

口に運んだ瞬間、皆「おいしい!」の一言。

sfida-antipasti2

「ウチワ海老と紅菜苔のソテー アメリケーヌ」

秋~冬が旬のウチワ海老と12月から春先が旬の紅菜苔(こうたいさい)の組み合わせ。

紅菜苔は菜の花に似ていますが苦味はありませんでした。

sfida-antipasti3

今回の前菜はどれも旬の食材を使用したもの♪

旅行会社のスタッフとして、季節毎の旬の感覚や味覚を鍛えなくては!!!

ということでこれからも美味しいものを食べ続けるチームトラベルクラモトなのですヽ(≧∀≦)ノ

さあ、本日のソムリエおすすめワインは・・・

スペイン・ビエルソ産の赤ワイン、ペタロス ビエルソ デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオスでした。

品種はメンシア。口の中に果実香が広がり、後味につれて力強さが湧き上がってきます。

sfida-vino

さてさて、次なるお皿はPesce(魚料理)です。

「天然キハタのヴァポーレ チーマディラーバ 焦がしアンチョビ」

sfida-pesce

ヴァポーレ→蒸し料理 チーマディラーバ→イタリアの菜花だそうです。

フワフワしたキハタが口の中でとろける感じでした。

いよいよCarne(肉料理)になります。

「宮崎・尾崎牛のロースト 日野菜大根 牛蒡のピューレ」

sfida-carne

尾崎牛、初めていただきました。とても繊細で柔らかい赤身でした。

後で調べると・・・知る人ぞ知るブランド牛で月に300頭しか出荷されず幻の尾崎牛と言われるそうです!!

Σ(゚□゚(゚□゚*)

そしてこの後にPastaです。

「鯵とカラスミのペペロンチーノ」

sfida-pasta

美味しいのでペロっと食べられました(笑)

Dolceは「ホワイトチョコレートのムース カシスとアーモンドのダックワーズ」

sfida-dolce

そして、かわいいムーミンアートが施されたラテ♥♡♥

sfida-cafe

女性スタッフの心をグッと掴み、心をほっこりさせる流石のサービス♪

ついつい堅苦しくなりがちなコース料理。

フッと気が抜けるこんな瞬間の存在がまたここに来たいと思わせるのでしょうか。

ごちそうさまでした(o゚∀゚o)

【海外旅行】小山シェフと行く!フランス アルザス ジャムの妖精【クリスティーヌフェルベール】

2015年12月30日

ジャムの妖精【クリスティーヌ フェルベール】

フェルベールさん

関西空港を出発して20時間やっとフランスアルザス地方のコルマール到着

パリで乗り継いで到着は深夜になりましたが皆様疲れはないようです

151022-1.jpg

今日宿泊のホテルはアルザス地方独特の木組みのホテルです。運河の横のホテルリーマレシェル

各部屋作りは変わっていて、おとぎの国に来たみたいと仰っていただきました。毎朝恒例の朝ランで街を散策しましたら美味しいパン屋さんも発見できました

151022-2.jpg

151022-3.jpg

翌日ははクリスマスのお菓子パンデビスの専門店「リップス」訪問、200年間も製作方法を変えていない伝統があるお菓子です

工場の中も見せていただきアルザスの話、パンデビスの伝統など色々とお話しいただきました、裏には博物館もあります。

151022-4.jpg

151022-5.jpg

151022-6.jpg

次は映画ハウルの動く城のデザインとなった”リクヴィル”へここには年中クリスマス用品を販売している「フェリードノエル」があります。美しい街並みでした。そして洋菓子の道具屋「brehmer」へ行ったあと

フランスで一番美しい村”エギスハイム”を散策です。昔の街並みが今でも残されています。この二つの村は初めて行きましたがアルザスツアーに行った際には必ず入れるべき村ですね。

151022-7.jpg

151022-8.jpg

151022-9.jpg

人口300人のニーデルモルシュビルという小さな村に世界で一番のジャムを作るジャムの妖精「クリスティーヌ・フェルベール」さんがいます。午後は彼女のデモンストレーションの研修でしたこの村はワインカーブやレストランも数件あるだけの小さな村ですがフェルベールさんの功績で料理業界、お菓子業界の中で世界的に有名な村になりました

151022-10.jpg

151022-11.jpg

151022-12.jpg

フェルベールさんには

ニンニクのきいたブリオッシュ エスカルゴ…

151022-13.jpg

鶏のパイ包みに玉ねぎのジャム

151022-14.jpg

151022-15.jpg

フロマージュブランと林檎とアールグレイのジャム

151022-16.jpg

151022-17.jpg

6年ぶりに村にお邪魔しましたがフェルベールさんは昔と変わらず気さくな方でいろいろなお話をしてくださいます。

私のことも覚えていただいていました。

ありがとうございました。

【海外旅行】サンセバスチャン マルティンベラサテギへ行ってきました~

2015年12月28日

行ってまいりました、スペインとフランスの国境の街、バスク地方のサンセバスチャン!

ずっと行ってみたかった美食の街。

この人口18万人の決して都会とは言えない街、サンセバスチャンにミシュランの星付きレストランがわんさか。

なんと世界で最も人口当たりの星の数の多い街なのです。

出発前に行きたいレストランを絞りこむ作業が大変でした。。

せっかくなので、やっぱり星付きレストランは行っておきたい。

近郊の街も含め、

アルサック、ムガリズ、エチェバリ、アズルメンディ、、迷いましたが、

3つ星レストラン、「マルティンベラサテギ」へ定め、

少しだけおめかしをして(バスクの高級レストランはフランスのそれとは異なりとってもカジュアル)

行ってまいりました(^^)

サンセバスチャン中心地からタクシーで約10~15分ほどで到着。

生ハム1

お店に入ってからはさすが星付きレストランというおもてなし。

みなさん笑顔が素敵でした。

英語もゆっくり話してくださいます。

メニューは日本語で記載したものもくださるので英語が分からなくても大丈夫です。

頂いたのは「グラン・デギュスタシオンコース」。

いくつか写真の無いものもありますが、計14品のシェフのおすすめがつまったコースです。

マルティン9

アネモネ天ぷら、チャコリマヨネーズと柑橘類ゼリー

金柑、芋焼酎、オリーブ、アンチョビ

マルティン4

牡蠣のマリネ、キュウリとK5のカキ氷、ピリ辛リンゴ

マルティン5

トリュフ、発酵キノコ、キャベツ

マルティン1

野菜の芯の常温サラダと海の幸、レタスのクリーム、ヨードソース

マルティン8

ゴロチャテギ卵、ハーブのリキッドサラダ、豚脂身のカルパッチョ

とってもおいしく頂きました。豚脂身のカルパッチョが何かとおもったら生ハムが巻いてありました。

マルティン2

メルルーサ、トリュフ香ほうれん草、チャコリK5のエスプーマ

すでにお腹はいっぱいなのに一口食べると食べきれてしまうから不思議。

自分の胃袋を応援しながら食べ続けます 笑

マルティン7

乳のみ子羊リブロース、パルメザンソース、揚げ菓子と柑橘風味アスパラガス

やわらかい!

ここからデザート!

マルティン6

サフランのめしべのベール、ソフトマカロン、フラワーティーアイス

マルティン10

スモークスポンジとパリパリしたカカオ、ウィスキーのアイス、カキ氷、インゲン、バジル

不思議な触感。このメニューのままの表現です。スモークされたスポンジとパリパリしたカカオ。

もう無理!と思っていたのにとっても軽い触感のチョコレートスポンジの不思議さを感じながら食べていると

あれよあれよと完食いたしました 笑

生ハム2

最後だと思ったのに、カフェと一緒にお菓子を出してくださいました。

かわいい!

残したくなくてやっぱり完食 笑

写真がなくて残念なのですが、3品目の「キャラメリゼミルフィーユ、スモーク鰻、フォアグラ、玉ねぎ、青リンゴ」

がとってもおいしかった。

私はフォアグラが苦手ですが、その臭みが甘く少しこおばしいキャラメリゼと、さわやかな青りんごでカバーされて、

鰻も玉ねぎも、それぞれの存在が必要不可欠に調和されている、

お口の中がとっても幸せな一品でした。

食後のカフェを頂いているとなんとシェフが自ら各テーブルを回っているじゃないですか!

こちらへ来てくださったシェフとあわてて握手をしていただきました。

他のテーブルでは写真撮影をされている方も。

さすが日本よりもシェフのステイタスがまるでサッカー選手のように高いバスク地方。

マルティンは星つきレストランだけあり、とてもきれいな店内なので一見気構えし、少し緊張しますが、

フレンドリーでとっても暖かく、気取った雰囲気のないスタッフ、シェフが

素晴らしいお料理を、暖かい笑顔で提供してくださる素敵なレストランでした。

ちなみにお値段は、コースが205€

+アルコール

+カフェ

で2人で約500€ほどだったと思います。

ぜひサンセバスチャンへお越しの際の参考にして頂ければと思います♪

(この後世界レストランランキングで15位にランクインされてました♪)

【海外旅行】カンボジア・ベトナム~アンコールワットと食肉工場視察~

2015年9月28日

先日カンボジア、ベトナムへご案内致しました!

カンボジア、シェムリアップへ2泊、ベトナム、ホーチミンへ2泊の4泊6日間の旅程です。

まず、ベトナム航空でホーチミン経由、シェムリアップへ。

シェムリアップの主な目的は遺跡群の観光、

2日目に、アンコールトム、アンコールワット、

2015 カンボジア・ベトナム_アンコールワット

プノンバケンへ像で上り夕日の鑑賞、

2015 カンボジア・ベトナム_プノンバケン夕日1

3日目に、タプローム、ベンメリアをご観光頂きました。

タプロームは映画「トゥーム・レイダー」を撮影した場所として、

2015 カンボジア・ベトナム_タプローム2

ベンメリアは天空の城ラピュタのモデルとして知られています。

この遺跡に木の根が絡まった感じが何ともそっくりです。

2015 カンボジア・ベトナム_ベンメリア1

3日目の早朝にアンコールワットからの朝日もご希望の方のみご覧頂きました。

朝やけの中、お集まり頂きありがとうございました。

2015 カンボジア・ベトナム_アンコールワット朝日2

2015 カンボジア・ベトナム_アンコールワット朝日

3日目の夕方より、ベトナムへ向かいます。

ベトナムでの主な目的は食肉加工工場の視察です。

今回のお客様は、日本各地の食肉関係会社の労働組合様よりお集まり頂き、

日本と海外との施設、環境の違いを視察されることが目的でお集まり頂きました。

4日目にその視察へご案内いたしました。

ご案内しましたのは、「Loc khe」(ロッキン)というホーチミン郊外の会社さん。

設立して12年目で、1日約5名の従業員で25~30頭の牛を処理されます。

こちらで、まず工場で加工の流れをご見学頂き、その後質疑応答の時間をとりました。

日本との大きな違いは、ベトナムでは温屠体が好まれるということ。

冷凍されたものは新鮮ではないと思われ、市場では新鮮な証として処理してすぐの温かい状態で出荷されます。

そのため、こちらの工場でも稼働するのはPM20:30~AM03:00までの間だそうです。

驚いたことに、PM11:00までに処理されたものは周辺の小売業者さんが直接買いに来られて処理してすぐのものを

持って帰られておられました。

帰りの車中から、そのお肉でしょうか?バーベキューをガレージでされておられる様子を拝見。

日本の環境、卸価格等を逆に質問された際にはそのギャップに非常に驚かれておられました。

2015 カンボジア・ベトナム_視察1

もともともっと大きな工場で視察を予定しておりましたが急な先方のキャンセルがあり、

急所こちらの工場で視察をさせて頂くこととなりましたが、

より近くで、より現地の生の声をお伝えすることができたのではないかと思います。

視察以外にもホーチミンでは観光へもご案内させて頂きました。

ホーチミン市内観光では4日目の視察の前に、フランス統治下に建てられた建物である、聖マリア教会、中央郵便局、

ベンタイン市場で市場視察とお買い物、

2015 カンボジア・ベトナム_ベンタイン市場

最終日にはメコンデルタのジャングルクルーズへご案内させて頂きました。

2015 カンボジア・ベトナム_メコンデルタ

道中のお食事では、カンボジア料理、ベトナム料理、フランス料理、など、色々とお召し上がり頂きましたが、

一番気に入って頂けましたのは、初日にご案内しましたカンボジアの「スープドラゴン」かと思います。

こちらは別の食通のお客様よりご紹介頂いた、お鍋のお店です。

日本人の味覚に合う出汁の効いたスープに、

具は卵を絡めた豚肉や肉団子、キノコ、野菜、麺、湯葉を揚げたものなどが入ります。

卵以外はおかわり可能で、お腹いっぱいお召し上がり頂きました。

soup_dragon_chuunangdae.jpg

soup_dragon_chuunangdae_3.jpg

このお店はパブストリートにあり、ナイトマーケットにも歩いて行くことができます。

パブストリートは12時近くまで明るいです。

2015 カンボジア・ベトナム_パブストリート

次に気に行っていただきましたのは、

カンボジアのご昼食にご案内した、「ハンモックレストラン」。

その名の通り、ハンモックにゆられながらお召し上がり頂ける施設。

ハンモックレストラン ハンモック

実際お食事を召し上がって頂いた後、自由時間をお取りしてハンモックでゆっくりして頂きましたが、

お気に召して頂けたご様子で、市場やスーパーなどでハンモックをほとんどの方がお土産に

購入されておられました。

(後日ご自宅のガレージや、キャンプの際に活用されておられるお写真を拝見して、

私も買ってかえればよかったと少し羨ましくなりました(*^_^*))

写真は名物のチキンの丸焼

ハンモックレストラン チキン

ちなみにベトナムでは、2次会でご案内した日本人が経営する居酒屋さんが大人気でした。

ご参加頂きました皆様、

つたないご案内ではありましたが、ご一緒させて頂きまして誠にありがとうございました(*^_^*)

[海外旅行]フランス プロヴァンス チョコレートの旅

2015年9月28日

今回の添乗はチョコレートをメインとした『フランス プロヴァンス チョコレートの旅9日間]

アヴィニオン、バランス、リヨン、メッスと訪問します、ご期待ください。

今回の航空機はルフトハンザ航空、機種は懐かしいジャンボです二階建ての大きな飛行機でフランクフルトまで12時間のフライトです。フランクフルトに到着しましたら乗り継ぎをしますが、フランクフルト空港の巨大さにはビックリです。ターミナルの中をかなり歩き乗り継ぎだけで1時間はかかりました。飛行機の遅延がなくてよかったです。

IMG_9274.jpg

IMG_9278.jpg

パリシャルルドゴール空港内のホテルで1泊し翌朝にTGVにてアヴィニオンへ向かいます。

ここで旅行の一番の難所、TGVが空港内の駅に停車し列車に乗り込みますが停車時間は4分、今回のツアーは60名。

60個の荷物を4分間でTGVの中に運びます。荷物を積見込こむ男性スタッフ、男性スタッフの荷物を管理してくれた女性スタッフ

席の場所を皆さんに誘導してくれたスタッフ、駅員さんに交渉に行ってくれたスタッフ。皆様の協力のおかげでクリアできました、ありがとうございました。エスコヤマスタッフのなせる業です

IMG_9298.jpg

アヴィニオンに到着しましたら1985年世界遺産に登録された水道橋『ポンデュガール』へ

紀元前50年にできた橋です

IMG_9348.jpg

フランス南部のドンゼールにあるチョコレートの原料を作っている『MORIN』モランにて工房見学とテイスティングです

4代にわたり経営されているお店です。テイスティングンはたくさんのチョコレートの原料(クーベルチュール)を出して頂きました

IMG_9353.jpg

廻りにはアーモンド畑やチェリー畑もありました

IMG_9360.jpg

IMG_9363.jpg

3日目はMOFショコラティエ、『フレデリック、アヴェッカー』さんのデモンストレーション(研修)の日です

アベッカーさんはフランスのMOF(日本でいう人間国宝のようなもの)を取得されておられます

まずはショップとラボ(工場見学)たくさんのクロワッサンやパンオショコラを出していただきました

IMG_9371.jpg

IMG_9370.jpg

宿泊場所はアヴィニオン橋で有名なアヴィニオンです

IMG_9368_201509281515030b1.jpg

その後はバスに乗ってデモンストレーション会場へ

今回は、プロヴァンス風チョコレートバー、洋梨のアントルメ、、冬の香りのアントルメです。

施設はモニターや手元が見える鏡も準備されていて充実した研修が出来ました

IMG_9372.jpg

IMG_9376.jpg

IMG_9378.jpg

研修終了後はキッシュやサンドイッチなど盛りだくさんに用意していただきました

IMG_9380.jpg

余談ですがこちらで見つけたルームフレグランス、かなりいい匂いです。さっそく帰国後買って会社に置いています

IMG_9381.jpg

アヴィニオンより北上し鷲の巣村『ゴルド』とヴォアロンです

断崖絶壁に建つフランスの最も美しい村に選ばれた『ゴルド』へ来ました、雑誌ではよく紹介をされている村で初めての訪問です

谷の向こう側から眺める景色は圧巻です

IMG_9402.jpg

IMG_9405.jpg

次のショコラトリーはヴォアロンにあります『BONNAT』ですこちらも古く1884年創業、フランスのBean to bar(カカオを豆から発行、焙煎しクーベルチュールを作る)の先駆者です、ステファンボナ氏のお店です

お店はパティスリー、ショコラトリー、コンフィズリーとわかれております

p006[1]

そして工場見学

p0017[1]

p0013[1]

リヨンに行きお菓子、料理関係の方は必ず訪れる『リヨン ポールポキューズ市場』へ

patissereSEVE(リシャールセブ)へ立ち寄りBernachon(ベルナシオン)へ

IMG_9418.jpg

IMG_9432.jpg

IMG_9433.jpg

IMG_9434.jpg

MOFフランクフレッソン氏のお店に立ち寄り次の研修場所へ

IMG_9449_20150928151504343.jpg

次の研修はメッスに行きました。この方もMOFショコラティエ『フランクケストナー』氏のラボ訪問です

ケストナー氏は史上最年少でMOFを取得された方です

ラボに到着するとシャンパンでのお出迎え、ラボの中を約60分も見学させていただきました

IMG_9459.jpg

IMG_9471.jpg

そのあと車でドイツ国境のザールブリュッケンのアトリエ(ショップ)でお買い物

最後にランチを皆様とケストナー氏とお取りいただきました

IMG_9473.jpg

世界遺産のシャンパーニュ地方にも立ち寄りシャンパンカーブとぶどう畑の見学もし、チョコレートとのマリアージュを楽しみました

IMG_9516.jpg

IMG_9506.jpg

今回の旅行はすべてチョコレート!

コヤマシェフのチョコレートへの熱意を感じさせられるツアーで

興味のあるものに深く探究すると凄いものが出来上がるのが分かりました。

p0018

チームトラベルクラモトは、海外旅行・社員旅行に強い大阪の旅行会社です。
【国内旅行】賢島・伊勢 2DAYSをはじめとするオリジナルプランで、 あなたのご希望にピッタリの旅をご提案いたします。
社員旅行・団体旅行の企画はお任せ!ぜひお気軽にご相談ください。

ページトップへ行く