トップ 美食ツアー一覧 美食の街バスク スイーツ・料理研修 国内・海外団体旅行 添乗員ブログ 会社案内・アクセス

ブログ

【お食事会】enye~スペイン バスク料理~

2015年9月26日

今回は社内の食事会で大阪の堺筋本町のオフィス街にあるスペイン・バスク料理のお店「enye:エニョ」のご案内です。

enye入口

入口はこんな感じです!

新しいマンションの1階にある綺麗なお店です。

大きな看板もないので・・・「なんの店だろう?」

って感じですが、お店に入れば満席でした。

そう、お客さんはこのレストランで料理を食べる為に来てるので・・・大きな看板がなくても大丈夫なんですね。

enye看板

ちなみに入口にある看板?がこれです。

これだけなのです!

enye待合室

今回は土曜日のランチでお伺いさせていただだきました。

ビジネス街の為、お店の周辺は人通りが少なかったのですが、お店の中はすでに満席状態でした。

予約をしての訪問だったので待合室でちょっとだけ待って、テーブルへ。

ちなみに待合室には木製の大きな棚があっていい感じです!

そして今回いただいたランチコースです!

enyeアミューズ

~マルティーニのジュレとペドロヒメネスとクリームチーズ~

enyeタパス

~北海道産大イワシの酢漬け ピパラ添え パセリのオイル~

enye主菜スープ

~冷製グリンピースのスープとパルミジャーノのエスプーマ~

enye主菜魚

~剣先イカと空芯菜 マルミタコとイカ墨ソース~

enye米料理

~バスク風 魚介のアロス~

enye主菜肉

~合鴨のローストと長ナス ポルトソース~

enyeデザート

~ピニャコラーダ2015~

enyeコーヒー

そして食後のコーヒーともう満腹です!

お肉に魚介にお野菜に・・・すべてを使った贅沢なお料理です。

美味しいのはもちろんですが驚いたのは見た目の美しさと食材の豊かさです。

バスク料理には、長きに渉って培われてきた美食家たちのこだわりが息づいています。

食の文化を深める秘訣は「食を楽しむ」ことです。

食を楽しめば、心も豊かになります。

是非一度、enyeへ行ってみてください!

スペインバスク地方へのご旅行のご依頼はチームトラベルクラモトへお願いします!

【お食事会】La Cantinetta~イタリアン料理~

2015年3月19日

こんにちは!!

早速ですが、3月某日・《創立4周年記念♪》ということで

イタリアンレストランに行って来ました!

今回は”La Cantinetta”さんにお邪魔しました。

こちらのお店は本町にあり、すごくこじんまりとしていますが、

近代的でスタイリッシュな店内でした。

20150318-13.jpg

私達が今回オーダーしたのは、『おまかせコース』です。

・前菜

・パスタ 2皿

・メイン(お肉)

の計4品を頂きました。

まず始めにご贔屓にして頂いている方から、なんとサプライズの

スパークリングワインを頂きました!!

プルセッコと呼ばれるワインは炭酸が大変効いており、

シュワシュワで美味しかったです♪

I様ありがとうございました!!

20150318-8.jpg

1品目は前菜です。

20150318-3.jpg

鳥肝のパテ・トマトジュース・パプリカの肉詰め・ピッツァ・パルマ産生ハム

・オムレツ・タコのシーフードカルパッチョと

食べきれない位美味しい前菜を頂きました。

2品目はパスタの『インジミーノ』

20150318-4.jpg

トスカーナの料理にSeppie in zimino セッピエ・イン・ジミーノ

という料理があります。

イカのジミーノ風、ジミーノはフダン草と煮込む料理を言うことが多いようです。

こちらはそのインジミーノをアレンジされたもので、麺は少し太めで堅さは

アルデンテで少し醤油風味の味付けでした。

中にはあさり・イカ・えび・かきとシーフードがふんだんに入っており、

濃いめの味付けなので、赤ワインが合いました♪

この間にモンテフルチアーノサントベという赤ワインを少々・・・

料理と合うようにチョイスして頂いたので、どのお料理にも

マッチングしており、大変美味しかったです。

3品目は『サルシッチャ(ソーセージ)としめじのパスタ』です。

20150318-5.jpg

和風的な味付けにきのこの匂いが食欲をそそります。

更にオリーブの実が丸ごと入っており、スタッフ一同驚きました!

「パスタにオリーブ!?でもパスタと絡んですごくおいしい!!

今度からオリーブの実を入れないと!」

と大絶賛でした。

この間に最後のメインディッシュ用のワインを注文♪

トスカーナ産のサンジュベーゼという赤ワインを頂きました。

少し濃いめの味わいはメインディッシュに合うこと間違いなし!です。

最後の4品目は『ティーボーンスティック』というお肉料理です。

20150318-1.jpg

クリスタルソルトという塩分を抑えたお塩を使用しているとのことでした。

しっかりした歯ごたえで味付けもお肉本来の味と調和していて、

大変美味しかったです!

以上で『La Cantinetta』さんでのお食事会は終了です♪

今回、トスカーナ地方のお料理をたくさん頂けました。

この日は大雨だったのですが、お店はイタリア人の方や外国の方。

もちろん日本人もたくさんいて大盛り上がりでした。

イタリア人のシェフの方やウェイターさんもとても優しく親切でしたので、

お近くに寄った際は、ぜひご賞味下さいませ!

ここまでお読み頂きまして、ありがとうございます。

次回はどこに行くのかな~?

お楽しみに!!

【海外旅行】韓国 美味しいソウル グルメツアー2泊3日

2015年2月10日

皆様、こんにちわ!

年末の御食事会から、新年を迎え、もう2月半ばまできております。

月日が経つのは早いものです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のグルメツアー、行き先はソウル!

グルメレポーターとしてとーーーってもおいしい食べ物と観光場所をご案内させていただきます!

関西空港到着後、大韓航空ラウンジへ。

3階のショップ店が並ぶユニクロ店左奥にある通路から入ります。

150130-1.jpg

150130-2.jpg

150130-4.jpg

150130-5.jpg

150130-6.jpg

ソファ席、テーブル、テレビ、トイレ、コーヒーメーカー、ビールサーバー、ワイン、日本酒、チーズ、おつまみ等、

自由に食べて飲んでいただけます。

ソファ席はとっても座り心地がよく、きっと寝てしまう方もいるんじゃないでしょうか。

ラウンジでたっぷりゆっくりした後、搭乗口へ。

詳しいことは申し上げることはできませんが、搭乗口へは、余裕を持って行ってください。

席の配列は2-3-2です。

機内食には、軽食になるサンドイッチとパイナップルと水がでました。

150130-7.jpg

ソウル到着

150130-9.jpg

ソウル到着後、専用車と日本語ガイド様の御迎えをいただき、ソウル市内<カンナム地区>へ。

仁川空港からカンナムまでは車で約1時間。

今回お世話になるのは、カンナム地区にある【リベラホテル】です。

ホテルへチェックインした時刻は20:15。

ホテルロビーはとても広く、清潔感のあるロビーです。ロビー横には朝食会場となるレストランがあります。

150130-10.jpg

ツインのお部屋は、シングルサイズベッドが2台とソファベッドが1台あります。

部屋全体も清潔感があり、トイレ、バスもきれいでした。

150130-11.jpg

150130-12.jpg

150130-13.jpg

ホテルを22時前に出て、晩御飯へ!

気温ですが、、、やはり寒い!!

150130-14.jpg

タクシーで約10分ほど走ったところにある

「カンジャンケジャン」のお店へ行きます。

お店の名前は「プロカンジャンケジャン」です。いろんな店舗がございます。

場所は【新沙洞(シンサドン)地区】

この通りは、カンジャンケジャン店の激戦区!

150130-15.jpg

私たちが行った、「プロカンジャンケジャン」

150130-16.jpg

「カンジャンケジャン」とは、「醤油漬けされた生カニ」のことです。

食感はアマエビのようにプニュプニュで、カニの甘さと醤油味です。

個人的にはとっても大好きな食感と味です。

男性は焼いて食べたいという方が多いようですが。

全貌はこんな感じ

150130-19.jpg

またそのカンジャンケジャンを使った「カンジャンケジャンビピンパ」

石焼ではないビピンパです

150130-18.jpg

ご飯系がきたので、玉子スープを!と思って注文してら、、、

なんと、、

150130-20.jpg

たまごの蒸し焼!笑  6~7個くらい使っているのでしょう~というようなボリューム!

もう三人とも「カンジャンケジャン」と「ビピンパ」と「めちゃくちゃ辛い海鮮やみつき焼そば」(写真は撮り忘れましたが、

コチュジャンか唐辛子で真っ赤)で、お腹いっぱいのところにきた玉子。。

かなり闘いながら食べました!!

注文し全ての料理、星ミッツ☆☆☆!!!(堺さん風。笑)

一日目:00:00過ぎ 就寝

2日目

びっくりするくらいの晴天!!

もう一度びっくりするくらいの食欲!!!

昨日はとっても量を食べたのですが、さすが旅行先。

朝から鶏1匹まるまる食べにいきまーす!

本日の朝食は、、、

「サムゲタン(参鶏湯)」です

韓国料理の一つで、鶏肉と高麗人参、鹿茸、ファンギ(牙なおぎ)などの漢方ともち米、くるみ、松の実、ニンニクなどを入れて煮込んだ料理」のことです。

ホテルから車で約60分ほど。

カンナム地区→明洞→景福宮近くの路地にあります

到着

150130-21.jpg

お店の名前は「土俗村」。→「どぞくむら?」

いいえ、違うんです!

これで、「トソクチョン」と読みます。

お店の外観は、どこかの村にある古民家みたいですよね。

開店は、10時からですが、私たちがついたのは9:40頃。

もうすでにお客さんがはいっていました。

お昼時は必ずと言っていいほどの行列になるので、できたら朝一に行くのがお勧めです!

150130-22.jpg

私たちが食べたのは一番上の15,000ウォンのサムゲタンセットです。

韓国のお金の数え方は、「0」を一つ取った金額がだいたいの日本円です。

ですので、15,000ウォンは約1500円ということですね。

最初にきたのは付け合わせの大量の白菜キムチと大根キムチ。

付け合わせというか、必ずくるキムチたち。

韓国の方は知人宅でも、キムチが3日間でてこなければ怒ってしまうらしいです。。(韓国ガイド様MS情報)

150130-23.jpg

さーて!愛しの「サムゲタン」がきますよぉ~!!

150130-24.jpg

スープはとっても胃に優しい薄味鶏ガラスープ。

私一番のお気に入り韓国料理です!

鶏肉は柔らかく、中に入っているもち米や栗も、本当にコトコト煮込まれているんだなぁと

感じるほどジューシーで味が染みて、朝市の寒いソウルでの体をあたためてくれます。

さて、朝食の後は歩いて「景福宮」へ。

朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として知られています。

正面の門は「光化門(クァンファムン)」と呼ばれます。

到着後ちょうど、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式が行なわれています。

150130-25.jpg

150130-26.jpg

奥にいる6人くらいの看守が、太鼓をたたきそれに合わせて行進しながら、交代をします。

交代が終わってから、勝手に横に並び勝手に記念撮影。いいのかどうかわかりませんが、

「Can I take a photo with you?」と聞くと、「ドン!!」と杖を地面に突き、「わぁっ!!」っとびっくりさせられました!

「Yes」の意味と余興の一つだと、受け取り写真をとりました。(笑)

さて、中に「光化門(クァンファムン)を通り抜けると、こんな様子です。

見てください。この空!

これは、まぎれもなく、1月31日(土)のソウルの空です

150130-27.jpg

それから少し明洞(ミョンドン)周辺を歩き次の目的地へ。

それは、、

河豚!!!

明洞駅の近くにある「ある某グルメ好きな方からの大推薦のふぐ料理」です。

場所がいまいちわからなかったので、近くの飲食店の方に聞きます

そして、小汚い路地をかなり奥にはいっていくとありました

お店の名前は「チュルチュルポッチ」

お店の看板に「俳優 船越英一郎」さんも太鼓判を押すと書いております

150130-28.jpg

店内はテーブル席が6席と奥に座敷がある小さなお店。

隣にいた韓国の老夫婦の御父さんが気軽に話しかけてきました。

「大阪からわざわざ、こんな寒いところにぃ!ここのはうまいよぉ」

日本人の御客様が多く来られるのが分かります。

注文したのは、

ふぐの網焼き

150130-29.jpg

ふぐのコチュジャン和え網焼き

150130-30.jpg

ふぐの御鍋と雑炊ならぬ炒飯

150130-31.jpg

店員さんも日本語が話せて、全部焼いてくれるのでとても安心

それから、写真はないのですが。「芹 (セリ)」がこれでもか!とでてきます

これは、、、ねぎ、、なはずと期待したいくらい「芹」がでてきます。

さて、はちきれんばかりのお腹になったところで・・・プハッ。。。

韓国・海外で反響をよんでいる「NANTA」の鑑賞へ!

場所は、【明洞(ミョンドン)】。

「NANTA」が始まったのは、1987年。私と同級生。(笑)

ホテルの厨房を舞台に、4名のシェフと1名のマネージャーが、ホテルで行われる結婚式のパーティー料理を定刻18:00までに仕上げるというストーリー。

料理をしながら、包丁やまな板、ゴミ箱やフライパン、厨房にあるありとあらゆる器具で音楽を奏で、

オーディエンスも巻き込んだエンターテイメントショー!

これを考案した人を本当に尊敬します。

なぜなら、「ドレミファソラシド」の音程はないのですが、聞いていてとってもリズミカルなのと全ての音がマッチしているから!

150130-33.jpg

鑑賞中は、写真撮影ができないので下記をご参考にしてください。

http://www.nanta.jp/

鑑賞後、無料でみんと写真をとることができます。

150130-34.jpg

出演者は、いろんなグループがありみんな美男美女の集団です!

150130-32.jpg

大満足の後、のりを買いにお土産屋さんへ。

免税店もいいのですが、この通りにあるお店へ入ってみると、とっても安いのりを発見!

150130-35.jpg

小さいのりのパックが18個くらい入って約400円!これはお買い得です!試食もさせてくれます。

日本語が話せるとてもフレンドリーな店主で、私はこの店主を「海苔男(ノリオ)さん」と呼びます。

まだまだお腹が減っていない私たちは、少しでも夕飯のお腹にするために、スキップしながらロッテの免税店へ。

かなりおかしな様子だったと思います。

150130-77.jpg

150130-36.jpg

ロッテ免税店からつながっている「YOUNG LOTTE PLAZA」へ。

若者が来るショッピングセンターからの街の風景です。

この裏の路地に「冬のソナタ」の収録が行われた通りがあるそうです。

150130-76.jpg

免税品を見て19:00頃に。

夕飯へLet’s go! (まだお腹はへっていません!)

【明洞(ミョンドン)地区】

韓国の俳優「パク・スヒョン」さんが経営する

「サムギョッサル」のお店へ。

お客様からのご紹介のお店で、次回ツアーで行かせていただくお店です。

「パク・スヒョン」さんは、映画「アイリスⅡ」にでている方で、イケメン様です。

このお店は「海苔男さん」の店から歩いて約3分ほどのところにあります。

お店の名前は、「ウガラム」。

看板があるのですぐに分かりますが、入口はビル1階の奥ばったところにあります。

150130-37.jpg

最初に来てくれたイケメンの定員さん。

疑問に思い聞いてみます。

I 「Are you Pak Suhyon?」

P 「Yes, I am]

I 「キャー!うぉ!!」

そうです、出迎えてくれたのは、俳優ごお本人「パク・スヒョン」さんでした。

通常土日はいるそうですが、まちまちで、今日はたまたまいたそうです!

本当にラッキーでした!

写真より実物がよりかっこいいです!

サムギョッサルを2人前と、薬味がきます。

150130-38.jpg

お肉は、定員さんが焼き終わるまで、やってくれるので安心しておいしくいただけます。

150130-39.jpg

とってもジューシーなお肉で本当にいいお肉を提供されています。

特にコチュジャンとキムチとニンニクスライスをまいて食べた時の、あの口の中でのスーパー融合。

最高です!

150130-40.jpg

マッコリもおいしくいただきました

150130-42.jpg

さて、お腹八分目(本当は、一杯をすぎているくらいですが・・)なところで、

「海苔男さん」がお勧めのサムギョッサルのお店へ!

そうなんです!!

前代未聞の、サムギョッサル店からサムギョッサル店へのはしご!!! 

お肉の質は、「ウガラム」の方が上質でしたので、あえてお勧めはしませんんが、

チヂミはとってもおいしかったです!

150130-43.jpg

150130-44.jpg

150130-45.jpg

150130-41.jpg

さて、食後のスイーツとして地元の方に聞いた「Red Mango」というお店へ。

ビルの2階に入っている若者にうけそうなだたっぴろいwoodenテイストな店内。

ガラス張りの窓沿いに座り、チョコレートケーキアイスとコーヒーを頂きました。

150130-46.jpg

150130-47.jpg

150130-48.jpg

22:00頃になり、やっとタクシーで約1時間かけ、<カンナム地区>にあるリベラホテルへ帰ります。

2日目 23:00頃 就寝

3日目

今日も最高の晴天!!!

韓国の国旗が冷たいソウルの冬の風に気持ちよさそうに吹かれています。

150130-49.jpg

朝8:00ホテルを出発

徒歩で行ける、24時間のお店があるのですが、見つけられず別の店へ

連日のフードファイターで、1名は無念の脱落。ホテルで待機です。

結局、「牛骨スープ」朝食へ。

150130-51.jpg

見た目とは以外に、味は優しい薄味

ご飯とあっておいしかったです

150130-52.jpg

8:40

ガイド様とホテルで落ち合い専用車にて、

研修箇所へ (春頃にツアーで見学をするところの視察です)

まずはじめに、カロスキルやアックジョン(若者の街)の近くにある

「VIEW studio」へ。

俳優さんや女優さん、企業の社長さんから素人の方のプロフィール写真までを手掛けるビューティースタジオ。

ご希望であればフェイスメイクからヘアメイクまでしてくれます。

衣装はご自身のものを持参します。

ポージングなども言ってくれるので、写真はプロのモデルのように仕上がります。

150130-57.jpg

150130-55.jpg

150130-56.jpg

それだけではなく雑誌の一面を飾る表紙写真やプロのアスリートの写真も出張で撮影します。

150130-78.jpg

スタジオの見学が終わった後、車で約5分走ったところにある

【カロスキル】へ。

ここは、大阪の堀江のようなところです。

150130-59.jpg

150130-60.jpg

150130-61.jpg

150130-62.jpg

150130-63.jpg

150130-64.jpg

150130-65.jpg

150130-66.jpg

この後の昼食場所は、「タッカンマリ」。

直訳すると「鶏一羽」。その名のとおり鶏をまるまる煮込んだ水炊き料理「タッカンマリ」は、単純そうでいて、美味しさの違いが顕著にあらわれる料理です。

150130-69.jpg

150130-70.jpg

150130-72.jpg

唐辛子をたっぷり入れると、とーーーーーっても辛いです。

F150130-71.jpg

食い倒れのたびでしたが、

これぞソウルの真髄だと思いました!!!!!

次回をお楽しみに!!

【お食事会】Le Cros de Kuro~フランス料理~

2015年1月8日

こんにちは!

さて、早速ですが昨年度の忘年会、私たちはフランス料理の“Le Cros de Kuro”(ル・クロ)

東心斎橋店にお邪魔いたしました。

ル・クロさんでは3つの食育キーワードを大切にされております。

『楽しさ』『感動』『創造』です。詳しくはル・クロさんのホームページをご参照下さい。

『ル・クロ』さんの外観はパリにあるような可愛らしいたたずまいをしており、

上階に個室がありました。

IMG_4684.jpg

店内はフランスの一軒家のようで小物や椅子・カーテンなどもヨーロピアンテイストでした。

螺旋階段で上がった個室はヨーロッパと日本の文化が合わさり、

とても異国情緒溢れる雰囲気で演出されておりました。

さて、今回私たちがご賞味させて頂いたスペシャルコースは全部で9種類です。

・アンチパスト1種

・冷製オードブル2種

・温製オードブル1種

・スープ1種

・お魚料理1種

・お肉料理1種

・お口直し1種

・デザート1種

これから各々の料理を紹介していきたいと思います♪

まず1品目は『生桜えびカダイフ包み』です。

※すみませんが、写真は紛失したためございません;ご想像下さいませ。

カダイフとはとうもろこし・小麦粉・塩をよく練り糸状にしたものです。

生桜えびがとてもやわらかくて糸状のカダイフのサクサクが絶妙にマッチしており、

楽しい食感を味わうことができました。

個人的にまず生桜えびを口に含み、その後にカダイフを少量ずつ含む食べ方が

一番カダイフの食感を最大限に感じられると思いますので、ぜひ試してみてくださいね☆

2品目は冷製オードブルの『生うにのムース』です。

※すみませんが、写真は紛失したためございません;ご想像下さいませ。

一番下に焼きナス、間にうにのムース、上部に卵とキャビアかあり、

付け合わせにコーン(ブルボンのエリーゼという棒状のお菓子の甘くないもの)がありました。

うにのムースと卵が凄くまろやかな味わいを引き出しています。

これだけ聞くとしつこいような味が想像きますが、(そう思うのは私だけかも知れませんが・・・)

下部の焼きナスやコーンがまた別の味わいを楽しませてくれます。

まずコーンはサクサクとした食感はもちろん少し塩味が効いているので、

うにのムースやたまごのくどさを爽やかな味わいに変えてくれ、

また違った味わいを楽しめます。

次に、下部の焼きナスは大変さっぱりとしており、うにのムースと卵のまろやさかさに

アクセントが加わり最後まで飽きさせない逸品に変化させておりました。

3品目は冷製オードブルの『サーモンのマリネいくらのせ』です。

photo1.jpg

黄緑のソースはグリーンマスタードで、黄色いソースはみかんのソース、

黒いものブラックオリーブとなっております。

サーモンは半生焼きで上にいくらがのっておりました。

このお料理はソースやスパイスが色々な味わいを楽しませてくれる

お料理となっておりました。

まずグリーンソースはマスタードのコクが効いており、まろやかさを醸し出しています。

みかんのソースは少し甘めでしっかりみかんの味も聞いており、柑橘系の爽やかさを

味わえます。

ブラックオリーブはピリっと刺激が効いており、サーモンの味を引き締めてくれます。

サーモンが半生焼きの為、サーモン自体の味が淡白で全てのソースやスパイスの味を

楽しめることができました。

4品目は温製オードブルの『フォアグラのソテー&りんごのキャラメーゼ』です。

photo2.jpg

外見はまるでファンタジックな世界を表しているようで、大変かわいらしくなっておりました。

私は初めてフォアグラを賞味させて頂いたのですが、個人的にレバーを上品にソテーした

濃厚なのにあっさりした後味だなと思いました。

りんごのキャラメーゼを加えると、リンゴの元々の甘さとそこまで甘すぎないキャラメーゼが

見事マッチングしており、そのままだけでもおいしく頂けるのですが、柔らかいフォアグラと

一緒に食したとき、りんごのシャキシャキ具合が全面に食感を楽しませてくれ、

新食感でした。

回りにかけられたバルサミコ酢も鼻に抜けるように感じ、

最後まで味わいを感じることができました。

この間にワインを1本注文♪

お店の名前が付いた『ル・クロ』の赤ワインを頂きました。

はじめはバラのような甘い香りがし、味わいは赤ワインなのにロゼのような甘さがあり、

ただしその中にも赤ワインの渋味がしっかりプラスされておりました。

グラスを回すとまた味が変化し、匂いは先ほどの甘さを除き芳醇になり、味は酸味が

しっかり効いてコクがましたようでした。

まるで純真無垢な少女が恋を知って、胸をいっぱいにして青春を謳歌するような

味わいでした・・・

(・・・すみません、少しポエミーすぎましたね;笑)

5品目はスープの『サツマイモのポタージュ』です。

photo3.jpg

凄くまろやかで、現実の外の寒さから暖かく室内に歓迎してくれるような優しさを感じる

味わいでした。

食感はふわふわした綿あめのような口当たりでした。

6品目はお魚料理の『オマールエビのスープ仕立て』です。

photo4.jpg

すり身のオマールエビをパートブリック(チュニジア料理に端を発する薄いクレープ状の川の

ことで、日本の春巻きの皮にもよく似ています)に包んだものでした。

下にアクセントのあるちりめんキャベツが敷いており、サクサクのパートブリックに包まれた

すり身のオマールエビのプリプリした食感と絶妙にマッチして大変おいしかったです。

7品目はお肉料理の『和牛ランプ』です。

photo6.jpg

希少部位であるランプ肉(腰からお尻にかけた部位で柔らかい赤身肉で

味に深みがあります)にマデラワインソースがかけられていました。

ランプ肉は大変柔らかく、ソースに酸味がありランプ肉の濃厚さを際立たせていました。

もちろんソースなしでもランプ肉自体が大変味わい深いのですが、ソースをかけることに

よって、ランプ肉の本来のおいしさ、食感を感じさせてくれます。

8品目はお口直しの『かきとライムのシャーベット』です。

photo7.jpg

ライムのさっぱりとした味わい・香りが大変効いており、お口直しにピッタリのお料理でした。

最後の9品目はデザートの『洋梨アイスクリームとマロンのブリュレ&ガトーショコラ』です。

photo8.jpg

ドイツ風のシュトゥルーデル(詰め物を幾層にも巻く甘い菓子であり、クリームを添えて

提供される)の上に添えられているアイスクリームは洋梨の味わいがしっかりしており、

トッピングのヘーゼルナッツはアクセントになっていました。

マロンのブリュレは中身がリンゴのような食感でガトーショコラの上にはティラミスが添えられていました。

程よい口当たりとガトーショコラの苦味がティラミスと相性抜群でその上に洋梨の

アイスクリームを載せれば、一度に冷温の味わいを楽しめるので、

ぜひ試してみてください♪

以上で、『ル・クロ』さんでの忘年会は終了です。

初め9品もあると少し多く感じましたが、1部屋に1名担当の方がついており、時間を計算して

お料理をサーブして頂けるので、特に多すぎるという印象は感じませんでした。

(私たちはワインを2本も頂いたので18時にスタートして気づけば22:00となっておりました!!)

『ル・クロ』さんは、外観も可愛らしく身近な場所にこんなにお気軽にフレンチを

ご賞味させて頂ける素敵なレストランなのでお時間ございましたら、

ぜひ立ち寄ってみてください!

ここまでご一読して頂きまして、誠にありがとうございました!!

次回もお楽しみにお待ち下さい♪

【海外旅行】台湾 第二の都市「高雄ファムツアー」3泊4日の旅

2015年1月6日

皆さま、こんにちわ!!

日本から約3時間ほどにある台湾と言えば「台北」で有名ですが、台湾の第二の都市で港街である「「高雄」には皆さん何があるかご存知ですか??「蓮池譚」の龍虎塔で有名ですよね。

今回私は、あまりみなさまに知られていない「高雄」へと行ってきました!!

ガイドブックにはのっていない高雄の魅力をご紹介していきたいと思います!

比較的温暖だった日本が寒くなってきた昨年12月2日(火)〜12月5(金)の3泊4日の日程です。

利用航空会社は、チャイナエアライン航空。

往路 CI165便 12:10 関西空港発  14:55 高雄空港着  所用時間2時間45分

復路 CI166便  7:30 高雄空港発  11:10 関西空港着  所用時間3時間45分

1.jpg

私が乗ったエコノミークラスの配列は3−3でした。格別狭さを感じるサイズではありませんので疲れはほとんど感じないかと思います。ピンク色のシートで、CAの方の制服のピンク色です。

2.jpg

行きの食事は「ビーフORチキン」でした。

4.jpg

私はチキンを選びました。ボイルチキンの上にミートローフのようなソース、横にはスパゲテイ。付け合わせはペンネエビサラダとパンとフルーツ、ケーキでした。もりだくさんで味もおいしくとても満足した機内食でしたよ。

3.jpg

ビーフのサイドはご飯です。

高雄空港到着

税関を通って出口へ

広々とした清潔間あるロビー

⑥

⑦

出発前の気温は17、8度前後。この時期にしてはあったかく過ごせるな〜という感じです。

到着後、早速観光へ!!

世界第二にきれいな「美麗島駅」へ〜  4つのテーマ

9.jpg

東京芸術専門学校に通ったイタリア人作。

テーマは4つ。

水→誕生

10.jpg

土地→成長

光→希望

火→滅亡

11.jpg

8.jpg

駅の周りにある地上の4つののヨットの形は自由を表しています。

ちなみに世界で一番きれいな駅はカナダにあるそうです。

ちなみに、日本人がうじゃうじゃ駅の中を凝視していたので、日本人にみられなかったのか台湾人に台湾語で「何してるの」と話かけられました。笑

次に高雄港が見える寿山展望台へ〜  歴史が今なお生き続ける場所 

実は、高雄港は台湾の中で最も大きい貿易港なんです。ご存知でしたでしょうか?台北だと思う方もいるかもしれませんが、高雄港があってこそ台湾の貿易が成り立っているのですね。

この風景を一望できるのが「寿山展望台」またの名を「恋人の聖地」と呼ばれています。

ここは日本で言う靖国神社で、この山頂に忠烈嗣があります。観光で上れるのはここまでです。

現代の日本の70代、80代の方の中には、戦時中高雄で育った方も多く、今でも思い出をふりかえる帰省場所として高雄を故郷とする日本人が昔に想いを馳せ、この地を訪れて涙する方が少なくないそうです。

***

夜になるとこの「L☆O☆V☆E☆」がライトアップしてデートスポットになります。

昼間にいた、台湾人カップルのポージングが、半端なかったー。。。恐るべし台湾女子。笑

***

さて夕刻になり、キングダムホテル組とハワードホテル組へそれぞれバスで向かいます。

私が今回3連泊ともお世話になったのは、4つ☆ホテル、高雄ハワードプラザホテルです!!

台湾語で書くと、「福華大飯店高雄」です。このホテルは台北にもあり、評判のいいホテルです。

なんと到着後いきなりVIP扱い!!

到着後すぐに30階にてチェックイン。バーカウンター全面ガラス張りのバーラウンジ。ふっかふっかのソファに紅茶のサービスまで♬これは研修ツアーだからこそ味あわせていただけた至福の時でした〜。

30階からの夜景はこちら

私のお部屋は27階の2705室。

お部屋はこんな感じ

奥にあるソファベッドも十分寝れる大きさと気持ちよさでした。すべての家具に凝ってるっている印象を受けました。

シャワー室はこちら。

朝食/夕食のバイキング会場。

14.jpg

13.jpg

1日目の夕食は、ハワードプラザホテルでの四川料理。

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

北京ダック

エビチャーハン

台湾風うなぎ飯

魚の甘辛煮(甘いのか辛いのか。。?)

やわからそうでやわらかくない、タケノコみたいな食感の巻物

とかなり独特なお料理で新鮮な感覚でした♬

食事も終わり、高雄駅に行ってみようということで散策へ。

やはり台南。寒くはなく半袖でちょうどここちよい夜でした。

19.jpg

ホテルの周辺には、セブンイレブンもあり夜通しあいています。

地元の方が食事とお酒を楽しむ大衆露店もあり、パシャリ☆

20.jpg

突然バイクの集団が!!タイとちがってみんなヘルメットはかぶっています。がバイクの量が半端ない!笑

ブンブンブンブンブンとまらないとまらない。怖いです。笑 

ひやひやしながら横断歩道を渡り、高雄駅へ。

んんん〜〜〜真っ暗な道が続き、着くとそこは高雄駅すぐの高架上。意外に高雄駅周辺は真っ暗でした!!

都市の中心駅が栄えているっているのは確約ではないみたいです。(笑)

これで1日目終了。

<2日目>

チェックインした30階で朝食を♬30階は和食か洋食のセットメニュー。

ほかにはパン、サラダ、ジュースはバイキング形式♬優雅に朝食をいただきました。

25.jpg

26.jpg

27.jpg

観光へ

「大樹鉄橋」へ〜  SKYWALKと湿地帯

1911年に静岡県出身の「いいだ ゆうじ」さんによって作られた「大樹鉄橋」。

30.jpg

この地域にはさとうきびがたくさん採れ、その運搬鉄道用に、2年の歳月をかけ作られました。

その当時アジアで一番長い鉄道だったそうです。

2007年の大型台風のため、川にかかっていた橋が一部破壊され、またさとうきびだけの運搬用に作られていたため、単線で不便だということで修復もされずそのまま使われなくなりました。今は、観光名所として現存されているます。

31.jpg

実際に線路沿いを歩けます。

橋がかかっているこの120ヘクタールもある湿地帯には、工業廃水や汚水が流されてきます。それは、単にため池ではなく、この湿地帯で生きている植物に共存している微生物たちが汚水を浄化する働きがあるためです。

渡り鳥たちも汚水を浄化する役割をしています。

Aエリアは汚水エリア

Bエリアは運動エリアとして現在使われています。

つぎに「三和瓦窯」へ〜  500万年前の技術を活かして

この湿地地帯のおかげで、水分を多く含んだ土は、瓦作りに最適な土となりました。

ここにある三和瓦窯工場は、現在も瓦の製造を続けています。

32.jpg

昔は、水牛に土を耕させ、よりよい土にしていたといいます。

33.jpg

この窯は、500万年前の中国の技術を活かし、窯焼きが始まった1906年の約100年前に作られた窯です。

37.jpg

36.jpg

35.jpg

34.jpg

つぎに「 陀記念館」へ〜  灼熱の太陽編

2011年創業の新しい形のお寺。2012年には参拝者1000万人を突破しました。

入り口は重厚感がありますが、中に入るとセブンイレブンやスターバックス、美術館、映画館など。。

関西でいうイオンでしょうか?? 完全に商業施設です。

38.jpg

「ここは本当にお寺なの??」

疑問だらけの私たちに僧侶は日本語で直接お話してくださいました。

ここの目的は3つありますが、ちょっと聞き取れなかったので①と③だけ。。

①信仰を深める

②????

③スターバックスがあるように、この場所を生活の1つとして半日、1日居れるような過ごしやすい場所にすること

信仰を、遠いものとしてではなく、誰もが「食べながら、楽しみながら、生活しながら」をしながらできるようにしたい。人々の心をよりよく成長させるためにこの場所を創設したと語っておられました。

また、食べながらの信仰は、「台湾の民族性」だということだそうです。

さて、外にでるとそこはとーーーーっても大きな広場が広がります。

この日は真夏並にあつく、炎天下!!灼熱じゃー!!

これが仏様です。

地面から頭まで108m、足から頭が48mです。

40.jpg

ここで有名な方と有名な名言をご紹介。

星雲大師、現在80歳で、70歳の時に失明。一筆字(最初からまったくとめずに最後まで一筆で書く)ことで有名。

私が気に入ったその方の言葉。「3つの良い行い」

事 Do good deeds

和 Speak good words

心 Think good thoughts

精進料理の昼食

41.jpg

つぎは「美濃民族村」へ〜 かさ絵付け体験

42.jpg

44.jpg

美濃村では、「紙」のことを「チュー」と発音します。

「チュー」とは子供を意味します。

傘の形は丸い→「円満」。

子宝に恵まれるということで「紙傘」を作っちゃいます♬

45.jpg

46.jpg

傘自体を作るのはプロが作っても1本約4時間かかかります。

私たちはただそれに絵付けをする簡単バージョンを♬

みんな突然の事で、いきなり絵をかけと言われても手がなかなか動きませんので、モデルでおいてあった作品をご紹介しましょー♬

47.jpg

みなさんそれぞれの傘が完成しましたー☆

最後に美濃村の播茶。

48.jpg

黒ごま、白ごま、玄米などをすりつぶした播茶。

色は土色をしていて、ぷかぷかういているのは玄米。とわかっていてもなかなか飲む気になれません。。

しかし!!飲んでみるとあら不思議!きなこのような味があして意外においしいです!玄米がはいっているので

おなかもいっぱいになる、ほっこりドリンクでした♬

お次は「旗山」へ〜  バナナの生産地

今では使われていない旗山駅舎を見学。

駅内はバナナのキーホルダーやお土産コーナーもありました。

さてさて、早足で「バナナ園」へ〜  裸足のバナナ父さん

49.jpg

みなさん、バナナの何種類がどのくらいあるのかご存知ですか?

全世界になんと!!630種類ものバナナの種類があるのです!

バナナ父さんのバナナ園はもちろん、台湾のバナナ園はすべて無農薬です。安心ですね。

ですからこれからはスーパーで台湾産と書いてあったら、ぜひバナナ父さんのことを思い出して下さい。

元々は、農園の見学はしていなかったのですが、台湾支店のIT系日本企業の社員旅行がきっかけで受け入れを始めたそうです。見学料は無料、お帰りにバナナ1本を贈呈します。

早速、裸足バナナ父さんの登場です。

50.jpg

51.jpg

私が高雄で一番心に残った場所といっても過言ではありません。

バナナをこよなく愛するまなざしがまぶしすぎました。

ちなみにバナナ父さんの名前は、チョウ ヒロシ(チョウホオウ(台湾読み))さん53歳です。

さて夜になり「74階の展望台」へ〜  ロマンテックな夜景をお楽しみください

52.jpg

53.jpg

54.jpg

その夜は、夜市へ〜

人生で初めて、蛇を食べました!!

グリル蛇は見た目こんな感じ!

味は〜〜〜〜「タンパクな鶏肉!!」結構おいしかったです!

もっとチャレンジャーな方は「生き血」をお試しあーれ♬滋養強壮。。半端なく!効くみたいです!笑

怒濤の2日目終了〜

<3日目>

3日目は5階で優雅にバイキングを♬ちょっと寝坊したので急ぎ足でパクパク腹ごしらえ!!

ガイドの陳さん大おすすめの豆乳!体があったまるー!!

まずは「十鼓(ten drums)」へ〜  太鼓体験&鳥肌もの!!アワード賞受賞のドラム生演奏鑑賞 

ここでは太鼓の体験ができます。20名くらい入る教室には太鼓セットが。ガイドさんが楽譜にあわせ指揮をしてくれます。

「なーーんだ、簡単すぎるメロデーやん」と思っていましたが、実際やってみると、「あっわっ!!」。たたいちゃいけないときにたたくと音が響くからかなり恥ずかしい。。笑 みんなでそろえるってなかなか集中力がいります。笑

この場所は昔さとうきびの出荷をしていた場所で、かつてはこの線路で港まで運んでいました。

いまでは保存され、見るだけとなっています。

ここにおもしろいトイレが!!ご覧ください。

なんとトイレの目の前が人口の小川になっていて、魚さんたちが泳いでいます。私たちの○○○はお魚がたべているようですが。。

いったいどんな気持ちで泳いで居るのでしょうか。。

はて、それよりもここでおトイレにいっちゃう方たちの心境の方が気になりますでしょうか??

謎です。笑

その後、アワード賞をとった太鼓技団による生演奏を鑑賞しました。

残念ながら撮影は不可でしたが、何度も鳥肌がたちました!!

今までに見た事のない水と太鼓の競演で、とにかくすばらしくてなかなか伝えれなくて悔しい!!

太鼓演奏だけでなく、俳優ばりの格闘演技をしながらの水上太鼓演奏。最高に最高でした!!

高雄市内にもどり昼食へ〜

烏骨鶏のまるごとスープ  とーーーっても高いみたいです。味はあっさりスープタンパク鶏肉でおいしかったです。

57.jpg

56.jpg

55.jpg

昼食後は、船にのり「大砲台」へ〜

59.jpg

結構ながい坂道をのぼり、昔つかわれていた大砲台と展望台へ〜

高台からの景色

次はいかすみ体験へ〜  

My いかすみ 作りました♬

60.jpg

61.jpg

62.jpg

英国領事館へ!疲れていたけど最後の力をふりしぼって高台へダッシュ!!

とってもきれいな夜景が見れました!

63.jpg

64.jpg

65.jpg

高雄観光政府よりのお食事をいただき、みんなでLove boatへ♡

30人くらい乗れるラブボートで高雄の町を遊覧〜!!

ってこの日はめちゃくちゃ寒くてみんな凍えながらも楽しみましたー♬

67.jpg

678.jpg

69.jpg

満喫の高雄観光終了!!

4日目は、朝4:30に起床後、ボックスミールをホテルよりいただき、7:30にチャイナエアライン航空にて関西空港へ!!

おつかれさまでした!!!

70.jpg

皆さんもぜひ高雄へ!!

チームトラベルクラモトは、海外旅行・社員旅行に強い大阪の旅行会社です。
【国内旅行】賢島・伊勢 2DAYSをはじめとするオリジナルプランで、 あなたのご希望にピッタリの旅をご提案いたします。
社員旅行・団体旅行の企画はお任せ!ぜひお気軽にご相談ください。

ページトップへ行く