トップ 美食ツアー一覧 美食の街バスク スイーツ・料理研修 国内・海外団体旅行 添乗員ブログ 会社案内・アクセス

ブログ

【お食事会】enye~スペイン バスク料理~

2015年9月26日

今回は社内の食事会で大阪の堺筋本町のオフィス街にあるスペイン・バスク料理のお店「enye:エニョ」のご案内です。

enye入口

入口はこんな感じです!

新しいマンションの1階にある綺麗なお店です。

大きな看板もないので・・・「なんの店だろう?」

って感じですが、お店に入れば満席でした。

そう、お客さんはこのレストランで料理を食べる為に来てるので・・・大きな看板がなくても大丈夫なんですね。

enye看板

ちなみに入口にある看板?がこれです。

これだけなのです!

enye待合室

今回は土曜日のランチでお伺いさせていただだきました。

ビジネス街の為、お店の周辺は人通りが少なかったのですが、お店の中はすでに満席状態でした。

予約をしての訪問だったので待合室でちょっとだけ待って、テーブルへ。

ちなみに待合室には木製の大きな棚があっていい感じです!

そして今回いただいたランチコースです!

enyeアミューズ

~マルティーニのジュレとペドロヒメネスとクリームチーズ~

enyeタパス

~北海道産大イワシの酢漬け ピパラ添え パセリのオイル~

enye主菜スープ

~冷製グリンピースのスープとパルミジャーノのエスプーマ~

enye主菜魚

~剣先イカと空芯菜 マルミタコとイカ墨ソース~

enye米料理

~バスク風 魚介のアロス~

enye主菜肉

~合鴨のローストと長ナス ポルトソース~

enyeデザート

~ピニャコラーダ2015~

enyeコーヒー

そして食後のコーヒーともう満腹です!

お肉に魚介にお野菜に・・・すべてを使った贅沢なお料理です。

美味しいのはもちろんですが驚いたのは見た目の美しさと食材の豊かさです。

バスク料理には、長きに渉って培われてきた美食家たちのこだわりが息づいています。

食の文化を深める秘訣は「食を楽しむ」ことです。

食を楽しめば、心も豊かになります。

是非一度、enyeへ行ってみてください!

スペインバスク地方へのご旅行のご依頼はチームトラベルクラモトへお願いします!

【お食事会】La Cantinetta~イタリアン料理~

2015年3月19日

こんにちは!!

早速ですが、3月某日・《創立4周年記念♪》ということで

イタリアンレストランに行って来ました!

今回は”La Cantinetta”さんにお邪魔しました。

こちらのお店は本町にあり、すごくこじんまりとしていますが、

近代的でスタイリッシュな店内でした。

20150318-13.jpg

私達が今回オーダーしたのは、『おまかせコース』です。

・前菜

・パスタ 2皿

・メイン(お肉)

の計4品を頂きました。

まず始めにご贔屓にして頂いている方から、なんとサプライズの

スパークリングワインを頂きました!!

プルセッコと呼ばれるワインは炭酸が大変効いており、

シュワシュワで美味しかったです♪

I様ありがとうございました!!

20150318-8.jpg

1品目は前菜です。

20150318-3.jpg

鳥肝のパテ・トマトジュース・パプリカの肉詰め・ピッツァ・パルマ産生ハム

・オムレツ・タコのシーフードカルパッチョと

食べきれない位美味しい前菜を頂きました。

2品目はパスタの『インジミーノ』

20150318-4.jpg

トスカーナの料理にSeppie in zimino セッピエ・イン・ジミーノ

という料理があります。

イカのジミーノ風、ジミーノはフダン草と煮込む料理を言うことが多いようです。

こちらはそのインジミーノをアレンジされたもので、麺は少し太めで堅さは

アルデンテで少し醤油風味の味付けでした。

中にはあさり・イカ・えび・かきとシーフードがふんだんに入っており、

濃いめの味付けなので、赤ワインが合いました♪

この間にモンテフルチアーノサントベという赤ワインを少々・・・

料理と合うようにチョイスして頂いたので、どのお料理にも

マッチングしており、大変美味しかったです。

3品目は『サルシッチャ(ソーセージ)としめじのパスタ』です。

20150318-5.jpg

和風的な味付けにきのこの匂いが食欲をそそります。

更にオリーブの実が丸ごと入っており、スタッフ一同驚きました!

「パスタにオリーブ!?でもパスタと絡んですごくおいしい!!

今度からオリーブの実を入れないと!」

と大絶賛でした。

この間に最後のメインディッシュ用のワインを注文♪

トスカーナ産のサンジュベーゼという赤ワインを頂きました。

少し濃いめの味わいはメインディッシュに合うこと間違いなし!です。

最後の4品目は『ティーボーンスティック』というお肉料理です。

20150318-1.jpg

クリスタルソルトという塩分を抑えたお塩を使用しているとのことでした。

しっかりした歯ごたえで味付けもお肉本来の味と調和していて、

大変美味しかったです!

以上で『La Cantinetta』さんでのお食事会は終了です♪

今回、トスカーナ地方のお料理をたくさん頂けました。

この日は大雨だったのですが、お店はイタリア人の方や外国の方。

もちろん日本人もたくさんいて大盛り上がりでした。

イタリア人のシェフの方やウェイターさんもとても優しく親切でしたので、

お近くに寄った際は、ぜひご賞味下さいませ!

ここまでお読み頂きまして、ありがとうございます。

次回はどこに行くのかな~?

お楽しみに!!

【お食事会】Le Cros de Kuro~フランス料理~

2015年1月8日

こんにちは!

さて、早速ですが昨年度の忘年会、私たちはフランス料理の“Le Cros de Kuro”(ル・クロ)

東心斎橋店にお邪魔いたしました。

ル・クロさんでは3つの食育キーワードを大切にされております。

『楽しさ』『感動』『創造』です。詳しくはル・クロさんのホームページをご参照下さい。

『ル・クロ』さんの外観はパリにあるような可愛らしいたたずまいをしており、

上階に個室がありました。

IMG_4684.jpg

店内はフランスの一軒家のようで小物や椅子・カーテンなどもヨーロピアンテイストでした。

螺旋階段で上がった個室はヨーロッパと日本の文化が合わさり、

とても異国情緒溢れる雰囲気で演出されておりました。

さて、今回私たちがご賞味させて頂いたスペシャルコースは全部で9種類です。

・アンチパスト1種

・冷製オードブル2種

・温製オードブル1種

・スープ1種

・お魚料理1種

・お肉料理1種

・お口直し1種

・デザート1種

これから各々の料理を紹介していきたいと思います♪

まず1品目は『生桜えびカダイフ包み』です。

※すみませんが、写真は紛失したためございません;ご想像下さいませ。

カダイフとはとうもろこし・小麦粉・塩をよく練り糸状にしたものです。

生桜えびがとてもやわらかくて糸状のカダイフのサクサクが絶妙にマッチしており、

楽しい食感を味わうことができました。

個人的にまず生桜えびを口に含み、その後にカダイフを少量ずつ含む食べ方が

一番カダイフの食感を最大限に感じられると思いますので、ぜひ試してみてくださいね☆

2品目は冷製オードブルの『生うにのムース』です。

※すみませんが、写真は紛失したためございません;ご想像下さいませ。

一番下に焼きナス、間にうにのムース、上部に卵とキャビアかあり、

付け合わせにコーン(ブルボンのエリーゼという棒状のお菓子の甘くないもの)がありました。

うにのムースと卵が凄くまろやかな味わいを引き出しています。

これだけ聞くとしつこいような味が想像きますが、(そう思うのは私だけかも知れませんが・・・)

下部の焼きナスやコーンがまた別の味わいを楽しませてくれます。

まずコーンはサクサクとした食感はもちろん少し塩味が効いているので、

うにのムースやたまごのくどさを爽やかな味わいに変えてくれ、

また違った味わいを楽しめます。

次に、下部の焼きナスは大変さっぱりとしており、うにのムースと卵のまろやさかさに

アクセントが加わり最後まで飽きさせない逸品に変化させておりました。

3品目は冷製オードブルの『サーモンのマリネいくらのせ』です。

photo1.jpg

黄緑のソースはグリーンマスタードで、黄色いソースはみかんのソース、

黒いものブラックオリーブとなっております。

サーモンは半生焼きで上にいくらがのっておりました。

このお料理はソースやスパイスが色々な味わいを楽しませてくれる

お料理となっておりました。

まずグリーンソースはマスタードのコクが効いており、まろやかさを醸し出しています。

みかんのソースは少し甘めでしっかりみかんの味も聞いており、柑橘系の爽やかさを

味わえます。

ブラックオリーブはピリっと刺激が効いており、サーモンの味を引き締めてくれます。

サーモンが半生焼きの為、サーモン自体の味が淡白で全てのソースやスパイスの味を

楽しめることができました。

4品目は温製オードブルの『フォアグラのソテー&りんごのキャラメーゼ』です。

photo2.jpg

外見はまるでファンタジックな世界を表しているようで、大変かわいらしくなっておりました。

私は初めてフォアグラを賞味させて頂いたのですが、個人的にレバーを上品にソテーした

濃厚なのにあっさりした後味だなと思いました。

りんごのキャラメーゼを加えると、リンゴの元々の甘さとそこまで甘すぎないキャラメーゼが

見事マッチングしており、そのままだけでもおいしく頂けるのですが、柔らかいフォアグラと

一緒に食したとき、りんごのシャキシャキ具合が全面に食感を楽しませてくれ、

新食感でした。

回りにかけられたバルサミコ酢も鼻に抜けるように感じ、

最後まで味わいを感じることができました。

この間にワインを1本注文♪

お店の名前が付いた『ル・クロ』の赤ワインを頂きました。

はじめはバラのような甘い香りがし、味わいは赤ワインなのにロゼのような甘さがあり、

ただしその中にも赤ワインの渋味がしっかりプラスされておりました。

グラスを回すとまた味が変化し、匂いは先ほどの甘さを除き芳醇になり、味は酸味が

しっかり効いてコクがましたようでした。

まるで純真無垢な少女が恋を知って、胸をいっぱいにして青春を謳歌するような

味わいでした・・・

(・・・すみません、少しポエミーすぎましたね;笑)

5品目はスープの『サツマイモのポタージュ』です。

photo3.jpg

凄くまろやかで、現実の外の寒さから暖かく室内に歓迎してくれるような優しさを感じる

味わいでした。

食感はふわふわした綿あめのような口当たりでした。

6品目はお魚料理の『オマールエビのスープ仕立て』です。

photo4.jpg

すり身のオマールエビをパートブリック(チュニジア料理に端を発する薄いクレープ状の川の

ことで、日本の春巻きの皮にもよく似ています)に包んだものでした。

下にアクセントのあるちりめんキャベツが敷いており、サクサクのパートブリックに包まれた

すり身のオマールエビのプリプリした食感と絶妙にマッチして大変おいしかったです。

7品目はお肉料理の『和牛ランプ』です。

photo6.jpg

希少部位であるランプ肉(腰からお尻にかけた部位で柔らかい赤身肉で

味に深みがあります)にマデラワインソースがかけられていました。

ランプ肉は大変柔らかく、ソースに酸味がありランプ肉の濃厚さを際立たせていました。

もちろんソースなしでもランプ肉自体が大変味わい深いのですが、ソースをかけることに

よって、ランプ肉の本来のおいしさ、食感を感じさせてくれます。

8品目はお口直しの『かきとライムのシャーベット』です。

photo7.jpg

ライムのさっぱりとした味わい・香りが大変効いており、お口直しにピッタリのお料理でした。

最後の9品目はデザートの『洋梨アイスクリームとマロンのブリュレ&ガトーショコラ』です。

photo8.jpg

ドイツ風のシュトゥルーデル(詰め物を幾層にも巻く甘い菓子であり、クリームを添えて

提供される)の上に添えられているアイスクリームは洋梨の味わいがしっかりしており、

トッピングのヘーゼルナッツはアクセントになっていました。

マロンのブリュレは中身がリンゴのような食感でガトーショコラの上にはティラミスが添えられていました。

程よい口当たりとガトーショコラの苦味がティラミスと相性抜群でその上に洋梨の

アイスクリームを載せれば、一度に冷温の味わいを楽しめるので、

ぜひ試してみてください♪

以上で、『ル・クロ』さんでの忘年会は終了です。

初め9品もあると少し多く感じましたが、1部屋に1名担当の方がついており、時間を計算して

お料理をサーブして頂けるので、特に多すぎるという印象は感じませんでした。

(私たちはワインを2本も頂いたので18時にスタートして気づけば22:00となっておりました!!)

『ル・クロ』さんは、外観も可愛らしく身近な場所にこんなにお気軽にフレンチを

ご賞味させて頂ける素敵なレストランなのでお時間ございましたら、

ぜひ立ち寄ってみてください!

ここまでご一読して頂きまして、誠にありがとうございました!!

次回もお楽しみにお待ち下さい♪

【お食事会】エチョラ~バスク料理~

2014年11月24日

こんにちは、

今日は先月会社のみんなでいった食事会についてアップしたいと思います。

向かったのはバスク料理のエチョラ。

わたしは今回3度目になりますが、いつもとっても美味しくていつも楽しみです。

ランチでいただいたのは、

シェフのおすすめコース。

タパスから始まって、スープ、メイン、など、コーヒー、デザートまで8種類。

メニュー エチョラ

①タパス

生ハムとオリーブ。

オリーブの中にはチーズが入っています。

これからどんなお食事が始まるのか楽しみになるような前菜です。

②魚介のスープ

とっても濃厚です。

奥に見えるのは弊社のにんにくが苦手なスタッフのために特別に作って頂いた、アスパラガスのスープです。

こちらもにんにくが入っていないとは思えない程濃厚でした。

スープ

③豚の血のテリーヌとピキージョピーマンのソース

初めての味。

血と聞いて想像した生臭さはなく、こちらも美味しい。

ピキージョピーマンのソースも最初に教えて頂かないと気づけない、初めて体験したお味でした。

④キノコごはん

リゾット大すきな私としては、こちらのリゾットがいつも本当に楽しみです。

暖かい器に盛られたリゾットは、ぐっと味がしみ込み、ご飯の一粒一粒がとってもいとしく感じます。

リゾット

⑤明石鯛のサルサデーレ

ふっくらとした明石鯛の味が生かされた、シンプルな味付け。

一同美味しくて感動でした。

⑥ニュージーランド産骨付き肉子羊の炭火焼き

柔らかい♪独特な臭みが程良く、ワインとの相性がとってもいい感じです。

メイン

⑦デザート

⑧コーヒー、紅茶

甘ーいケーキとさっパりしたアイス、コーヒーと紅茶で締めくくり、お口の中は大満足です。

お腹いっぱいのはずが、美味しくて美味しくて、ペロリといただきました。

途中食事と合わせてバスクの

お酒、チャコリもいただきました。

チャコラ

初めてでしたが、微炭酸で、ワインよりアルコールを濃く感じました。

店員さんの、ボトルを高く掲げ、そこから下の方で構えたグラスに一気に注ぐ、注ぎ方にもつい歓声をあげてしまいました。

かっこいいですね。

素敵なお料理と素敵なお酒で満たされて、リッチな気分にさせて頂きました。

エチョラさん、楽しい時間をいつもありがとうございます♪

【お食事会】Bistro Galop ~フランス料理編~

2014年6月23日

皆様こんにちは。

5月末に半年に1度の社内お食事会のGalopというフランス料理屋さんの【Bisto Galop】というお店へ行ってきました。

地下鉄松屋町駅より徒歩5分のところにあるお店は、民家の細い路地にあります。周辺は民家ばかりなので、Galopという書かれた看板と改築されたBistroの雰囲気が漂う古民家がすぐに目にとまります。

blog2.jpg

店内は、AIR FRANCEのポスターやフランス雑貨、写真等がかざってあり、テーブルクロスもレトロ感ある赤と白のチェック色。まるでフランスのビルトロ店に来たかのような雰囲気でした。テーブル2席とカウンターがあり、少数人でのパーティ等には最適ですね。

blog3.jpg

こちらは、前菜の盛り合わせ。っといってもとーってもボリュームたっぷりで大満足の前菜!!

左から、海老のアボカド和え、人参のキッシュ、黄赤のパプリカ、ローストビーフ、右前にあるのは豚足のゼリー固め、カンパチのカルパッチョバジルソース添え。豚足のゼリー固めが独特でおいしかったです。

blog8.jpg

<メインディッシュ>

アグー豚&ライス

ライスの上にのっているこの豚は、とっても柔らかくソースも少し甘めな感じでおいしかったです。

ソースと絡めたライスもとってもおいしかったです

blog7.jpg

デザート①

ガトーショコラのラズベリーシャーベット添え

このガトーショコラを食べて、衝撃だったのはチョコスイーツ好きな私の中で、3本指に数えれるほどの、「濃厚」さ。

フォークで少し食べるだけで次のショコラを口に持って行くまでに数分はかかりました。そこで、あまずっぱいラズベリーの登場♪いい組み合わせデザート♪

blog9.jpg

デザート②

クリームブリュレアイスのせ

アイスクリームの下の、この焦げ加減!!最高にパリッとしていて、中はトローリ♪パリッパリットロ~トロ~♪

あったかいブリュレといっしょに食べるアイスが絶妙♪

blog10.jpg

みなさんも、茶屋町駅にある古民家フランスビストロへ是非行ってみてください。

さて、次回はスペイン料理「エチョラ」へ。

乞うご期待♪

チームトラベルクラモトは、海外旅行・社員旅行に強い大阪の旅行会社です。
【国内旅行】賢島・伊勢 2DAYSをはじめとするオリジナルプランで、 あなたのご希望にピッタリの旅をご提案いたします。
社員旅行・団体旅行の企画はお任せ!ぜひお気軽にご相談ください。

ページトップへ行く